7月9日より関東甲信越・静岡地区で先行発売された「カップヌードル焼そば1ミニット」「日清焼そばU.F.O.1ミニット」を早速買ってきた。

12070901

「熱湯1分」がウリで、お湯を入れてわずか1分で湯戻しできるので、少しでも湯戻しの時間が勿体無いと思う人にはもってこいの商品。
価格は1個¥170(税別)。

まずは、元々焼きそばのU.F.O.よりも気になる「カップヌードル焼きそば1ミニット」から食べてみることにした。

▼調理法とか
12070902

12070903

開封してみると、普通のカップヌードルと同じように、最初からかやくが麺の上に直接入っている。
入っている具も、そのまんまカップヌードルと同じだと思う。
違うのは、焼きそば用の液体ソースが入っている事くらいか?
この液体ソースは、オイスターソース仕立てで白菜の甘味が特徴のしょう油ベースというものらしい。

▼開封してみた
12070906

12070907

「熱湯1分」という事で、麺は細めな感じがする。
そして、かやくの香りなのであろうと思うが、紛れも無くカップヌードルの香りがする。

早速、熱湯を投入!
あっという間に1分が経つので、すぐ湯切りしたら、こんな感じ。

▼湯切りした
12070908

12070909

やっぱり麺はかなり細い。
そして、何か見た目もパサパサした感じがする。

急がないと冷めてしまうので、添付の液体ソースを掛けてよく混ぜてみる。

▼液体ソースを投入して混ぜ混ぜ
12070910

これが完成品。色は焼きそばとしては薄めな印象。
香りは、カップヌードルと言うより、お店で食べる醤油ラーメンぽい感じがした。

いざ実食!
醤油ベースのソースという事で、なるほど確かに醤油焼きそばのような感じがして旨い。
しかし、見た目と同じく少し薄めのような気がして、何となく物足りない。
まあ、何はともあれ、気になった人は食べてみるといいかもしれない。


続いて、日清焼きそばU.F.O.1ミニットの実食。

▼調理法とか
12070904

12070905

開封してみると、こちらも最初からかやくが麺の上に直接入っており、焼きそば用の液体ソースとふりかけの青のりが入っている。

▼開封してみた
12070911

12070912

やはり、麺は細め。
3種の豚肉が入っているらしく、香りはお肉!お肉のいい香りがする。

そして、熱湯投入!
あっという間に1分!
このクイックさは一般的なインスタント麺の3分に慣れていると凄く快適に感じる。
1分経ったので、速やかに湯切り。”ゆきりん”ではありません。

▼湯切りした
12070913

12070914

お湯・湯気のおかげで、ますますお肉のいい香りが強く感じられる。
香りだけでも既に美味しそうな感じ。

ここに、液体ソースとふりかけを投入。

▼液体ソースを投入してまぜまぜしてふりかけふりふり
12070915

これが完成品。
麺が細い事以外は間違いなくU.F.O.ですね、これは。
でも、やっぱり味が薄く感じるのは気のせいでしょうか?

いずれの品も、湯戻しは1分ですけど、その後の工程には若干時間が掛かりますが、急いで食べたい人にはいいんじゃないでしょうかね?

ちなみに、カップヌードル焼きそばのほうが好みだと感じた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote