8月6日より一部コンビニで販売を開始した、まるか食品の「ペヤング激辛カレーやきそば」を買ってきたので早速食べてみた。

12080601

価格は希望小売価格¥170(税別)。
この「ペヤング激辛カレーやきそば」は、今年2月に発売された”赤いペヤング”こと「ペヤング激辛やきそば」の第2弾商品。
公式サイトによると

一口食べただけでも汗が噴き出るような辛さのカレーソースを使用しました。口に入れた瞬間はコクのあるカレーの味が広がりますが、すぐに辛さが舌に伝わってきます。「激辛やきそば」とは違った辛さの伝わり方をするため、是非また激辛好きにチャレンジしてもらいたい商品です。
という商品らしい。

▼パッケージの注意書きとか原材料とか
12080602

12080603

パッケージには、「油断ならない辛さ!」や「辛みが強いので、小さなお子様や辛みが苦手な方の喫食には十分ご注意ください。」などが書かれていて、いかに辛いのかがよくわかる。

▼中は麺とかやくとソース
12080604

中に入っているのは、通常のものと変わらないと思われる麺とかやく、そして辛みのもととなるソースが入っている。

▼よく見ると・・・
12080605

ソースはよく見ると、カレーの成分らしいものが分離していた。
そして、割とドロっとした感じのソース。

そんなわけで、早速かやくを麺の上にのせ、熱湯を投入して待つ事3分。

▼完成品
12080606

湯切りをしてソースをぶっ掛けてかき混ぜたら出来上がり。

確かにカレーっぽい香りがする。
色はあまり辛そうに見えない。
早速、口に入れてみると、うん、確かにカレー焼きそばだコレは。
辛さは?というと・・・おや・・・?
え?え?え?え?え?え?
第1弾より辛くないぞコレは!
いや、確かに辛いんだ!辛いというより痛いかもしれない。
でも、第1弾と比べたら辛さが弱い!遥かに弱い!
あと、辛さを超した苦味があるね、コレ。
第1弾を上回る激辛を期待していたけど、コレは期待はずれだった!
ただ!カレー風味になったので、味はこっちのほうが断然旨い!
美味しさは第1弾を遥かに上回っていると思う。

とりあえず、8月27日からは一般流通もするようですし、興味があったら食べてみるといいですよ。
「ペヤング激辛カレーやきそば」を食べてみた感想はこちらをどうぞ。


ところで、余談ですが、以前Twitterで「昔はペヤングの容器が二重構造じゃ無かった」と言い張られた事があったのですが、まるか食品によると「1975年の販売開始当時より二重構造の容器を使用しています。」との事ですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック