ってことで、5月31日に「元祖天才バカボンのパパ」と同い年の41歳になりました。

14053101

今年は厄年なんです、はい。

あ、上の画像は、「パン屋の英会話教室」で開催されたたこ焼きパーティでのショット。
改めて見たら違和感ねぇんじゃね?
まあ、今年は5月31日が土曜日ってのは、久し振りに回ってきたんで、「あれ?金曜日の深夜って、もしかしてメイドカフェとか深夜営業してるんじゃね?」と気付いたわけで。
「せっかく深夜営業やってるんならさぁ!誕生日になる瞬間をメイドカフェで迎えるのもいいんじゃね?」って1週間くらい前に計画をしたんだわさ。
そんで、ここ半年くらい何だかんだで「ぴなふぉあラビリント」にしか行かないくらいの感じになってて、「もう、ここしかないわ!」ってことで即決。
迎えるお店が決まったら、「そういえば、スパークリングワインがあったよな?誕生日くらいちょっと贅沢するか!」と、事前にお店に行って確認したら、以前はメニューにあったのに今は無い。
とりあえずメイドさんに、「ここってスパークリングワイン、あったよね?」って聞いたら「ある」と。「1種類ある」と。
但し、常備しているわけじゃないらしくて、事前に言っておいて用意してもらうのがいいらしくて。
ってことで、確認しに行ってよかったね。

そして当日。
お仕事を終えて一度おうちに帰る。
あれこれと用を済ませて、大体23:30ごろお店に着ける様にうちを出発。
ま、でも、お店に着いたのが23:40だったかな?

んで、メイドさんのお出迎えがあり、オーダーを。
事前に言っておいたんで、「例の告知してたやつ用意できてる?」みたいな感じで言ったら準備万端だった。
頃合を見計らって、私の誕生日の瞬間の準備が着々と!
カウントダウンのために、ネットでカウントダウンできる時報を探してくれたり、「NHKなら0:00が判るんじゃない?」みたいな感じで。
たかが私みたいな一客の為に、こんなに準備してくれるとか、やっぱり素敵すぎるよ。

メイドさんの名前はあえて書きませんが、そのようなことができる姿勢、もう本当に頭があがりません。
本当にありがとうございます。

そんなわけで、NHKが20秒前から時報表示に変わって、その瞬間も(何となく)わかり、31日を迎えたらメイドさんが「ハッピーバースデー!」(ポン!)とスパークリングワインの栓を開封。
合わせてバースデーサービス用のミニパフェも用意されて、そこで改めてメイドさんたちとその場に居合わせたお客さんでバースデーソングを歌ってもらった。

14053102

14053103

そんなわけで、スパークリングワインとバースデーソングで始まった5月31日。
ちなみに、一応事前に「ぴなふぉあラビリントに行く」ってTwitterで予告してたんで、知人が来たらスパークリングワインを一緒に飲もうと思ったのに誰も来なかった(いや来たけど、ちょっと遅かった)ので、1本(750ml)を一人で全部2時間くらいで飲み干しましたw。

あ!そうそう!ちょうど、「ぴなふぉあ × Mai:lish × JAM」の制服交換イベントをやってたんです。
で、「手ぶらで出掛ければいいや!」と、財布とケータイしか持って出掛けなかったんです。
「(誕生日特典と合わせて)撮影券を持ってたら、(他店の制服を着てる)みんなと撮れますよ!」と言われたのに、持って無くて大変残念。
「いや、今日、手ぶらで来たから持ってないんだ・・・」って話をしてたら、なんと隣の席のお客さんが「オレ、使わないから、コレ使って!」と撮影券をくださったんです!
なんとすばらしい!ありがたい!
おかげで、みんなと一緒に撮影できました。
本当にありがとうございました!


このあと、もう既に電車なんて無いので、徒歩でおうちまで帰って一旦終了。

翌朝、午前中はお仕事に行き、そのあと秋葉原で用を済ませて、一度おうちに帰宅。

14053104

上の画像は、午前中の仕事が終わったあとに行ってきた、JAM AKIHBARAの誕生日向けケーキ。

そして、夜には「パン屋の英会話教室」のたこ焼きパーティに呼ばれていたので、取材を兼ねて行ってきました。
とにかく今回は、外人さんが多くてフレンドリーで積極的に何か喋ってくるし、秋葉原のディープな話も色々としたし、盛り上がりましたね。

結局、日をまたいで6月1日になるまでパーティーが続いたので、私の誕生日はたこ焼きパーティーで終わりました。

もう、日が変わろうとしている頃、端っこでスパークリングワインを飲んでる人たちがいたので、私もいただいて飲みましたよ。
だから、スパークリングワインで始まり、スパークリングワインで終わる1日だったと。
あと、その頃にみんなでバースデーソングを歌ってもらって、とにかく盛り上がったよね。

14053105

上の写真は、ちゃんと写ってないけど、スパークリングワインのボトルを持っています。

まあ、思い出深い一日でした。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote