転職を考えてから丸2年という期間が経ってしまいましたが、遂に転職先が決まって、5月から行く事になりました。

初めて転職の話をしたのが、2年前に上野公園でお花見をした時だったので忘れられません。
それからしばらくして、初夏に会社へも「転職する!」という話をしたのをきっかけに、本格的に転職活動を始めたのだったと思います。
もっと早いうちに、それほど難も無く転職できると、凄く簡単に考えていました。
ところが、ねぇ、やっぱり40歳を超えると年齢制限でアウトだったりする事も多く、それだけでも選択肢が減るし、これと言った資格や知識や経験も無いので、そういうものが求められたらアウトだし。
書類選考で落とされる事も多々ありましたねぇ。
転職活動を始めて、初めて「職務経歴書」というものを知りました。
それが何なのか?どんなものなのか?という状況だったので、“何なのか?”から“どう書くのか?”まで何時間もかけて調べに調べて。
そこから、過去の情報を、記憶と些細な記憶で書き出していくという作業を何時間もかけて。
過去の職歴を詳しく書かなきゃいけなくて、かといって、何年何月に何をやっていたとか昔の事なんて、ハッキリ覚えてないし。
わかってるテキストだったら、ほんの15分前後あれば書けるような内容なのに、丸一日を費やしてしまうほどメンドクサかった。
まあ、一度書いてしまえば、次からは、ほぼそのまま使えるので、苦労は最初だけだったけど。

あとは、50社くらいが一堂に会した「合同企業説明会」というものに、たった一度だけ参加しました。
今回受かった会社は、ここで説明を聞いてきたところなのですがね。

この2年間、どこを受けてきたとか、そういう事は言いません。
ただ言えるのは、いろんな業種の会社を受けていました。

そして、ずっと100%「面接時に、履歴書と職務経歴書を持参」だったんだけど、今回受かった会社は「面接時に履歴書を持参」と、職務経歴書が要らないところだったので、若干拍子抜けしてしまった。

とりあえず、自分で選んだ道だし、5月からの新たな生活がいいものであればいいです。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote